仮想通貨動画Waros
サイトマップ  RSSフィード

ラーコインでラーメンを食べる

 

 

 

ラーメンは多くの一般庶民により親しまれている一方で、
その情報サイトや出版物は未だにラーメンファン向けのものに留まっています。
ラーコインは、ラーコイン普及委員会(SDR)が発行する
ラーメンのための国産仮想通貨になります。
ラーメン市場の活況と夢と話題性がある食べ物として、
ラーメンが世界に広く普及することを目指しています。

多くの仮想通貨は、実需よりは仮需(=投機)のために売買されていますが、
ラーコインではラーメンに関するサービスや食事で使われることを想定しています。

SDRでは、ラーコインを「夢を得られる最後のICO」として謳っており、
その普及には相当な自信を持っています。

 

 

ラーコインでできることは非常シンプルです。

ラーコインをサービス券として使う(最初の想定)
ラーコインでラーメンを食べる(将来的な想定)
ここで、ユニークなのはラーコインを
サービス券として使った場合に生じるラーコインの価値です。

例えば、ラーメン店が味玉の無料のチケットとしてラーコインを配布したとします。
最終的に、ラーコインは味玉と交換されてお店のウォレットに戻ってきます。
ここでのポイントは、ラーコインが平均100円の味玉と交換されたということになります。
つまり、ラーコイン1枚が100円の価値を持つと言えます。
お店から見ると、ラーコインがお店のウォレットから出て入ってきただけなので、
プラスマイナス0になりますが、ラーコイン所有者にとっては
ラーコインが100円という明らかな交換価値をもたらしたということになります。
ラーコインは、他の仮想通貨と異なり一定の価値を持つ可能性が高くあります。

 

 

 

ラーコインのマイニングは、
ラーメン店やラーコインを利用する企業が自由に行うことができます。

例えば、ラーメン店が「ラーコイン1枚で大盛り無料」という告知を行い、
お客さんからラーラコインをもらうことができます(マイニング)。

このように、ラーコインを利用するお店は、様々なサービスやイベントを行うことにより、
ラーコインを採掘することができます。
ラーコインのマイニングにより、お店はお客さんへのサービスが充実し、
結果としてお店のサービスレベルが向上することに結び付きます。
また、ラーコインを使ってお店の損益分岐点をクリアするようにラーコインの配布、
マイニングをすることにより、来客数や売上のコントロールが従来よりやりやすくなります。